側溝が含まれているか確認してから土地を購入

住宅地で一戸建てを建築するために土地を購入するのなら、敷地面積に含まれている箇所の詳細を正確に把握するように心がけましょう。敷地面積に含まれている側溝と、敷地面積に含まれていない側溝があるからです。敷地面積に含まれている側溝は、土地を購入したときに自己所有になりますので、側溝にフタをかぶせるなどの施工も自己責任になってしまいますが、自分の好みで側溝のフタを自由に選ぶことも可能になります。敷地面積に含まれていない側溝は、地域の行政が所轄していることが多く、市町村の役所が管理しています。側溝のフタを交換したり、デザインの変更をするには市町村の役所の許可が必要になります。行政活動としての工事が市町村の役所によって決定した場合には、従わなければなりません。自由度の高さは自己所有であり、維持管理コストの節約効果が高いのは行政の所轄です。行政の所轄だからといって、市町村の役所が定期的に維持管理するわけではありませんので、雑草対策や害虫駆除が必要になった場合は、地域の町内会や自治会の判断で清掃管理されることになります。側溝の管理責任が誰に所属するのかを明確にしてから土地を購入すれば、将来的なトラブルの予防につながります。

Copyright ©All rights reserved.敷地面積が広い土地を探すコツ.