敷地面積が広い土地を探すコツ

住宅地として開発される場合は、建売分譲住宅が建築されやすいように区画整理されることが多いです。区画整理されてしまうと、一区画あたりの敷地面積は固定されてしまいます。広い土地は最初は単体として不動産登記されていても、建売分譲住宅の建築のために分筆されて、一区画ごとに区分されるからです。二区画分の敷地面積を確保する場合は、二区画を購入すれば良いのですが、分筆後の土地を二区画購入すると、一人の所有する土地として不動産登記簿を変更して一区画にまとめる作業が必要になります。分筆されてしまった土地を、まとめるのはコストです。分筆される前に購入できれば、不動産登記に関する手数料を必要最小限に抑えられます。敷地面積を広く確保したい場合は、分筆される前の土地が狙い目です。分筆される前の状態の土地は非公開物件で取り扱われていることも多く、敷地面積が広い土地を探したときに非公開物件を参照すると良いでしょう。敷地面積が広いと、二世帯同居ができる大型住宅の建築が容易になります。延床面積が広い一戸建てと、三台以上の駐車スペースの確保を両立させることも可能です。百坪以上の敷地面積を確保したいときは、まずは非公開物件を参照してみましょう。

不動産 土地の陽ホームは 上尾市の土地を提案します。 3110

広い土地購入の場合のメリット

土地を購入したいという方は、どのような用途に利用するか、購入予算はどのくらいかによって購入する必要な広さが決まってきます。 広い土地の場合のメリットには、家を建てる場合などで、間取りにかなりの自由な設計ができる点があげられます。狭いスペースだと部屋の配置などで自分の望む間取りが出来ない場合があるので広いほうが自由度が高いです。 また、広い土地ならば隣接する家や道路などからある程度の距離をとることができるのでプライバシーをある程度保護することにも適しています。

Copyright ©All rights reserved.敷地面積が広い土地を探すコツ.